Rentio(レンティオ)でホットクックを借りてみた✨

ホットクック



ホットクックをレンタルするまで

_
クマの家では、時短家電に憧れを抱いていましたが、価格がネックでなかなか手が出せませんでした。

合わなかったらいやだなぁ

と思っていた矢先、レンタルサイトを知って試してみました。
実際に試した体験談を書いていきます。

・レンタルを試してみたい方
・ホットクックの使用感が気になる方

の参考になりましたら幸いでございます✨



クマの家族構成

・普段は父、母、私、弟4人で食事
・仕事、学業があるので、家事は短縮したい
・夜ご飯は軽めに食べることが多い

Rentio(レンティオ)とは


最新家電を購入せずに使用できる家電お試しサービスです。

必要な時に、買わずにレンタルで使うことができるためお財布に優しいのも嬉しいポイントです。

今回はホットクックをレンタルしましたが、

*一眼レフ
*ルンバ
*美容家電

など、多岐にわたる家電を試すことができます。

こちらのがRentioのサイトになります。

Rentio(レンティオ)で申し込み

_
今回は最新版のホットクックをレンタルしたので、申し込んだ流れを紹介していきます。
※表示されている画像は再現として、後日スクショしたものになります。

Rentio(レンティオ)からホットクックを検索する

まずトップ画面上の選択画面にある「ジャンル」から、「ホットクック」と検索すると簡単に探すことができます。

するとホットクックが出てきます。

今回は、シャープ ヘルシオ ホットクックKN-HW16F-Rレッドを選択しました。

 

レンタル期間の選択

次にレンタル期間を設定します。
レンタル期間は2週間または1か月ごとの2種類があります。
今回は2週間レンタル(お試し利用)を選びました。

そのまま下へスワイプ(移動)すると、お届け日の選択ができます。
「〇」がある日がお届け可能な日となります。

お届け日を決めたら、希望日の〇を選択します。

期間と数量の選択

次に期間と数量を選択します。
お届け日と返却日、数量を確認して、問題なければ「カートに入れる」を選択します。

必要情報の入力と注文の確定

カートに入れた後、必要情報を入力します。

必要情報を入力すると最後に確認画面と、ご注文の確定が表示されます。

誤字脱字ならびに注文の商品に間違いがないか再度確認し、「ご注文の確定」にチェックを入れて「注文を確定する」を選択します。

これでレンタル申込完了です✨
届くまで数日お待ちください…♪

Rentio(レンティオ)では延長の手続きができるので、使用している途中に手続きをすることも可能です♪
追加料金はかかりますが、使い続けることができるのは嬉しいですね

商品が届いた!

_
段ボールで保護されながらホットクックが届きました。
実際の中身は写真の通りになります↓

ちなみにホットクック本体の他にも、

・取扱説明書
・メニュー表
・お届けの同梱品リスト
・Rentioの使い方ガイド
・返却用の伝票(着払い)
・返却時の段ボールテープ

といったものが入っていました。

商品が到着したらまずは、同梱品リストと実物を用意して
中身があるか確認しましょう!

実際に試してみる

_
待ちに待ったホットクック🍲
取扱説明書を見ながら作ってみました✨

具材を入れて、ボタンで選択したら「あとはお任せください✨」の音声と、軽快な音楽が流れて調理が開始されます。

待っている間は掃除や洗濯、勉強など別の作業に充てることができました。
他のところに労力を使えるのも嬉しいところです。

カレー

牛肉を使用しましたが、お肉がやわらかくて美味しかったです。
野菜の水分も生かされていました。
鍋と違い水分の蒸発があまりないため、鍋で調理したものよりあったりした仕上がりに感じました。

カシューナッツの煮炒め

こちらはオイスターがきいた、中華料理でした。

こちらも野菜の水分の関係で、炒めというより煮物に近い感覚でした。
カシューナッツもホクホクして美味しかったです。
家族からも好評でした。

他にもブラウニーなど作りましたが、美味しくして
食べるのはもちろん、料理するのも楽しくなりました♪

返却の手続きへ

_
あっという間にレンタル最終日になったので、返却です。

Rentio(レンティオ)は返却日当日23:59までに手元から離れていれば問題ありません
なのでギリギリまで使っていても大丈夫です。

返却日が近づいてくるとRentio(レンティオ)からメールが届くので、うっかり忘れも防止できます。

では、返却の方法です✨

まず商品を最初の時のように箱に入れていきます。
この時入れ忘れがないか、チェックしていきましょう。

返送用のテープを張っていきます。

最後に、

①同封していた伝票にご自身の住所・名前を書く

または

②注文履歴からQRを用意し、ヤマト運輸またはコンビニで送り状を印刷します

その後、
①の場合は伝票
②の場合は印刷した送り状

と商品を店員さんにお渡しすれば返却は完了です。
思ったより、返却も大きな手間もなくスムーズでした✨

レンタルでホットクックを使用した感想

_
今回14泊15日のホットクックを使用した価格は、6980円でした。

実際にレンタルを使用して本当に良かったです!

強いていうならホットクックのサイズが少し大きくて、最初は置き場所に困りましたが、価格以上のメリット合ったのでレンタル終了後新品を購入しました!

ホットクックが料理している間に別のことができるので、本当に素晴らしいものが世にでたなぁと感激しました。

普段鍋で作れないスペアリブなどもホットクックなら具材と調味料を入れるだけなのでこれから挑戦していきたいと思っています。

万が一の保証も安心✨

万が一落下や水没など過失があった場合でも、最大2,000円までしか修理費を払わなくて大丈夫です。
保証もあるので心置きなく安心して使用することができますね。

ドローンやロボット等、免責代金が異なる場合は、別途記載があるようです。

また中古品に抵抗がなければ、購入することも可能なので、高い買い物をして失敗したくない、お試しで使用したい方には、一度Rentio(レンティオ)で実際に使用してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました